利用マニュアル

ここでは、GMOどこでもLANに接続した後、同じグループ(HUB)のPCに接続する方法をご説明します。接続の前提として、接続先のPCの電源がオンになっていることが必要です。

※以上の機能はWindowsが有する機能であり、Microsoft社が提供しております。お問い合わせなどは、Microsoft社にお願いします。

マニュアル・FAQ一覧へ戻る

ファイル共有

接続先のPC(WindowsXPの場合)の設定

前提として、接続先のPCにある共有したいファイルの入っているフォルダが、「共有」の設定になっている必要があります。まずその方法を説明します。

図1

1.共有したいフォルダを右クリックして[共有とセキュリティ]を選択。

図2

2.[このフォルダを共有する]を選択。ここで共有ファイル名や許可するユーザー数などを設定できます。

接続元のPCから接続する操作

接続先のPC(WindowsXPの場合)で、あらかじめ上記の共有設定をしておけば、いつでも接続できます。

図3

1.ブラウザもしくはエクスプローラーを開いて、アドレス欄に「¥¥(接続先のIPアドレス)」と打ってEnterを押します。たとえば、接続先のIPアドレスが10.11.111.11の場合「¥¥10.11.111.11」と入力してください。

ここで言うIPアドレスは、管理者が登録時に割り当てるGMOどこでもLAN独自のIPアドレスです。接続先のPCのIPアドレスがわからない場合、管理者に問い合わせてください。管理者の方は、コントロールパネルから確認してください。

図4

2.共有に設定したフォルダが表れます。

利用マニュアル一覧へ戻る

リモートデスクトップ接続(接続先、接続元のPCがともにWindows XP または Windows Vistaの場合)

図5

1.[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ] →[通信] →[リモートデスクトップ接続]を選択します。

2.接続するPCを選択する欄が出ます。この「コンピュータ」欄に、接続したいPCのIPアドレスを入力して、「接続」をクリックしてください。

※上記同様に、IPアドレスは管理者が登録時に割り当てるGMOどこでもLAN独自のものです。

図6

3.リモートデスクトップ接続ができました。接続先のPCを自由に操作できます。

※Windows XP Professional及び、Windows Vista Business/Ultimate の標準装備の「リモートデスクトップ」をご利用の場合接続先となるPCはWindowsXP Professionalまたは、Windows Vista Business/Ultimateでなければ接続できません。
Windows XP HomeEdition 及び、Windows Vista Home Basic/Home Premiumはクライアント (接続元) としての使用は可能ですが、ホスト (接続先) としてはお使いいただけません。ホスト (接続先)としてのご利用はWindows XP ProfessionalまたはWindows Vista Business/Ultimateのみの機能となります。

利用マニュアル一覧へ戻る

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.