インストールマニュアル

GMOどこでもLANを利用するためには、専用の接続ソフトウェア(クライアントツール)をご利用のPCにインストールする必要があります。このマニュアルは、そのクライアントツールをインストールする手順を示したものです。

クライアントツールをインストールするためには、ユーザー登録が必要です。ユーザー登録については、本サービスにお申込み後、管理者が『コントロールパネル』にログインをして設定してください。ユーザー登録の方法はこちらです。ユーザー登録により、ユーザごとに『ログインID』と『パスワード』を取得します。この『ログインID』と『パスワード』を、インストールの際に入力していただきます。

マニュアル・FAQ一覧へ戻る

図1

1.クライアントツールをインストールするには、以下のURLにアクセスをします。

URL:http://www.dokodemolan.com/clienttool/

1のURLにアクセスすると、図1の画面が表示されますので、下段の『インストーラーのダウンロード』ボタンをクリックしてください。

図2

2.インストーラーがダウンロードされますので、デスクトップに保存します。完了すると、図2のアイコンがデスクトップに表示されます。
※保存場所はどこでも結構です。インストール完了後は不要になります。

図3

3.デスクトップ上のinst.exeファイル(図2のアイコン)を実行すると、図3の画面が表示されますので、管理者より割り当てられた『ログインID』と『パスワード』を入力して、「OK」ボタンを押してください。

※コントロールパネルにログインするための「管理者ID」とは異なります。

図4

4.インストールを開始すると、自動的に環境チェックツールが起動し、利用環境の確認を行います。
図4のように全て「○」の場合は、インストールボタンをクリックするとインストールが開始されます。
※チェック結果に1つでも「×」が入ると、インストールボタンは表示されず、終了ボタンが表示されます。終了ボタンをクリックするとインストールを終了します。

図5

5.インストールが始まると、図5の画面が表示されます。
※途中でキャンセルしたい場合は、右上の「×」を押すと確認のウィンドウが開きますので、OKを押してキャンセルしてください。

図6

6.図6の画面が表示されましたら、インストールが完了しましたので、「開始」ボタンを押して、図7の初期セットアップに移ります。

図7

7.図7のセットアップ画面に移ったら、ネットワーク管理者より割り当てられた『ログインID』と『パスワード』を入力して、「接続」ボタンを押してください。

図8

8.入力した『ログインID』と『パスワード』に間違いが無ければ、図8図9と進みます。図9が表示された時点で、「GMOどこでもLAN」に接続された状態になります。

図9

※「GMOどこでもLAN」の設定が行われますと、PCを次回以降起動するときには自動的に「GMOどこでもLAN」に接続されるようになります。

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.