接続マニュアル

ここでは、GMOどこでもLANの接続方法を説明します。

マニュアル・FAQ一覧へ戻る

GMOどこでもLANクライアントについて

タスクトレイ内のアイコン

図1

図1がタスクトレイ内の表示される「GMOどこでもLAN」のアイコンになります。

図1-1が、「GMOどこでもLAN」に接続している状態、図1-2が「GMOどこでもLAN」から切断している状態になります。

アイコンを右クリックしたとき

図2

「GMOどこでもLAN」のアイコンを右クリックすると、図2が表示されます。項目の説明は以下のとおりです。

どこでもLAN接続(切断)
接続状態の場合、「GMOどこでもLAN」を切断するために、『どこでもLAN切断』が表示されます。切断状態の場合は、『どこでもLAN接続』が表示されます。
設定
「GMOどこでもLAN」に接続するための『ログインID』と『パスワード』の設定が行えます。
常時接続
「GMOどこでもLAN」に再接続を自動的に行うか、行わないかの選択が行えます。「常時接続」を有効にしておくと、PCの起動時やネットワークに接続された際に自動的に「GMOどこでもLAN」に接続されます。

接続マニュアル一覧へ戻る

GMOどこでもLANのネットワークと接続(切断)する

ネットワーク接続方法

「GMOどこでもLAN」のネットワークに接続するためには、タスクトレイのアイコンを右クリックして図2のメニューを表示させます。メニュー内の「GMOどこでもLAN接続」を選択すると「GMOどこでもLAN」へ接続されます(図1-1)。

※タスクトレイ内に「GMOどこでもLAN」のアイコンがない場合は、[スタート] ⇒ [プログラム] ⇒ [どこでもLAN] ⇒ [どこでもLAN]を選ぶと、接続が開始されます。

ネットワーク切断方法

「GMOどこでもLAN」のネットワークから切断するためには、タスクトレイのアイコンを右クリックして図2のメニューを表示させます。メニュー内の「どこでもLAN切断」を選択すると「GMOどこでもLAN」から切断されます(図1-2)。

接続マニュアル一覧へ戻る

『設定』を変更する(現在と異なるグループ(HUB)に接続する場合)

『ログインID』と『パスワード』の変更方法

図3

設定画面は、タスクトレイ内にあるアイコンを右クリックしてメニューを表示し、「設定」ボタンを押して表示させます。設定画面(図3)を開いたら、『ログインID』と『パスワード』を入力して、「設定」ボタンを押し設定を変更させます。

図4

設定ボタンを押すと、図4のダイアログが表示されます。「はい」を押すと、新しい設定で接続が開始されます。「いいえ」を押すと、次回起動時より、新しい設定で接続されます。

接続マニュアル一覧へ戻る

『常時接続』の設定を変更する

設定の変更方法

図5

タスクトレイ内にあるアイコンを右クリックしてメニューを表示させます。『常時接続』の項目の前にチェックが入っていれば、『常時接続』が有効な状態で、チェックが入っていなければ、『常時接続』が無効な状態です。

『常時接続』を無効にするには、タスクトレイ内にあるアイコンを右クリックし、「常時接続」をクリックします。「常時接続」の項目のチェックが外れますので、「GMOどこでもLAN」への常時接続は無効となります。「GMOどこでもLAN」が起動中の場合は、図5のダイアログが表示されますので、接続を切断する場合は「はい」を、切断しない場合は「いいえ」を選択してください。

『常時接続』を有効にする場合は、タスクトレイ内にあるアイコンを右クリックし、『常時接続』をクリックします。『常時接続』の項目にチェックがつきますので、「GMOどこでもLAN」へ常時接続が有効になります。

※「ログインID」や「パスワード」を変更したい場合は、ネットワークの管理者へ聞いてください。

接続マニュアル一覧へ戻る

GMOどこでもLANクライアントをアンインストール

インストールされた「GMOどこでもLAN」クライアントを削除するためには、以下の手順で行います。

「スタート」→「プログラム」→「どこでもLAN」→「どこでもLANの削除」から削除

※設定時に作成された設定ファイルも削除するためには、C:\Program Filesにある『GMO』フォルダを削除してください。

※「コントロールパネル」→「アプリケーションの追加と削除/プログラムの追加と削除」からの削除も可能です。

接続マニュアル一覧へ戻る

Copyright (c) 2017 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.