動作環境チェック

GMOどこでもLANが、動作するのに必要な以下の項目を簡単にチェックできます。ご利用予定のパソコンから、「実行」ボタンを押して、動作環境チェックツールを実行してください。

対応OS
Windows 10 (32bit/64bit)
Windows 8.1 (32bit/64bit)
Windows Server 2016 (64bit)
Windows Server 2012 R2 (64bit)
Windows Server 2012 (64bit)
MacOSには対応しておりません。
動作が保証されていないOSの場合、エラーが表示されます。
リンクサーバー(HUBの役割を果たす接続ポイントサーバー)
ファイアウォールの設定などで、SSLを用いた外部ネットワークとの通信(https)が許可されていない場合、または、GMOどこでもLANで利用するリンクサーバーとの通信ができない場合はご利用にはなれません。
IPアドレス(ローカルIPアドレス)
GMOどこでもLANは、クラスAと呼ばれる10.x.x.xのような10で始まるIPアドレスを使用します。お客様のご利用のLANのIPアドレスと、GMOどこでもLANで使用するIPアドレスとが重複している場合、エラーが表示されます。
ネットワークアドレス(リモートIPアドレス)
GMOどこでもLANは、クラスAと呼ばれる10.x.x.xのような10で始まるIPアドレスを使用します。お客様のご利用のLANのネットワークアドレスと、GMOどこでもLANで使用するネットワークアドレスとが重複している場合、および、お客様の環境で、既存のクラスAのネットワークと通信を行なうような設定がされている場合は、エラーが表示されます。
リンクサーバー(HUBの役割を果たす接続ポイントサーバー)
ファイアウォールの設定などで、httpsでの外部ネットワークへのアクセスが許可されていない、または、お客様側のネットワーク設定でGMOどこでもLANの利用ができないなど、httpsでの通信ができない場合にエラーが表示されます。
ポート番号
GMOどこでもLANは9000番ポートから9099番ポートを使用します。このため、9000番ポートから9099番ポートの間のポートを使って外部ネットワークへのアクセスが許可されていない場合、エラーが表示されます。
  • ※1 お客様のネットワーク環境に関しましてはネットワーク管理者の方にお問い合わせください。
  • ※2 動作環境チェックのすべての項目でOKが出たとしても、ファイアウォールの設定などによっては、GMOどこでもLANが正常に動作しない場合があります。ソフトの設定を変更してご利用ください。
  • ※3 EMobile社のLTEでご接続の場合、動作環境チェックでは「○ ご利用可能です」が表示されますが、通信方式が競合しご利用いただけません。他の接続方法にてご利用ください。

ご不明な点、ご質問などございましたら、インフォメーションセンターまでご連絡ください。
電話番号 03-3770-4492 (受付時間 10:00〜19:00)

Copyright (c) 2021 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.